“円山派”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるやまは100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円山派”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
藤堂家とうどうけの大きな屋敷があって、内藤豊後守ないとうぶんごのかみの屋敷があって、ちょっぴりとその真中へ狭まった町家のうちに、円山派まるやまはの画描き篠原梅甫しのはらばいほの住いがある。