“伯林青”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
べるりんせい33.3%
べれんす33.3%
プルシャンブルウ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“伯林青”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
七つ森の第四伯林青べるりんせいスロープは
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
みづから塗れる伯林青べれんすの、 むらをさびしく苦笑ひ、
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)