“今泉”の読み方と例文
読み方割合
いまいずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例えば私の妻の里などは二百五十石て居て三千円ばかりの公債証書をい、今泉(秀太郎氏なり)は私の妻の姉の家で三百五十石かて居たが四千円もいましたろう。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
恐ろしい時であったと云うは、その船宿の若い主人が例の有志者の仲間であるとは恐ろしい、私の一行は老母と姪とそのに近親今泉の後室と小児(小児は秀太郎六歳)役に立ちそうな男は私一人
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)