“下掃除人:しもそうじにん” の例文
“下掃除人:しもそうじにん”を含む作品の著者(上位)作品数
内田魯庵1
“下掃除人:しもそうじにん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
夫までは糞桶こえたごを担いでいた百姓が俄に紋付の羽織を着る地主様となって、お邸の旦那様が一朝にして下掃除人しもそうじにん地借じがり或は店借たながりとなって了う。
駆逐されんとする文人 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)