“下手將棋:へぼしやうぎ” の例文
“下手將棋:へぼしやうぎ”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“下手將棋:へぼしやうぎ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「何處へも出ません。店先で手代の與三と若吉を相手に下手將棋へぼしやうぎを六番も指しました」