“下宿住居:げしゅくずまい” の例文
“下宿住居:げしゅくずまい”を含む作品の著者(上位)作品数
海野十三1
“下宿住居:げしゅくずまい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「冗談いっちゃいけませんよ、課長さん。被害者は下宿住居げしゅくずまいをしているのですよ。本庁はなぜ西一郎のことを特別に保護するのですか」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)