“下二番町:しもにばんちょう” の例文
“下二番町:しもにばんちょう”を含む作品の著者(上位)作品数
永井荷風1
“下二番町:しもにばんちょう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この人生れてより下二番町しもにばんちょうに住み巌谷小波いわやさざなみ先生の門人とは近隣のよしみにて自然と相識あいしれるがうちにも取りわけ羅臥雲らがうんとて清人しんじんにて日本の文章俳句をよくするものと親しかりければ互に往来する中われもまた羅君と語をまじえるやうになりぬ。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)