“上等時計:じやうとうとけい” の例文
“上等時計:じやうとうとけい”を含む作品の著者(上位)作品数
薄田泣菫1
“上等時計:じやうとうとけい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
上司氏の考へでは、成るべくなら日本にある時計といふ時計を、自分のつてゐるベネツト製の上等時計じやうとうとけいに合はせておきたかつたのだから、それにはこんな恰好な機会はなかつた。