“ヤツメノアラコ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
八目之荒寵50.0%
八目荒籠50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乃ち其伊豆志イツシ河の河島の節竹ヨダケを取りて、八目之荒寵ヤツメノアラコを作り、其河石を取り、塩に合えて、その竹の葉にツツみ、トコい言わしめけらく、此竹葉タカバの青むがごと
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
其は火袁理ホヲリ命の目無堅間マナシカタマ・熊野大神の八目荒籠ヤツメノアラコ秋山下冰壮夫アキヤマノシタビヲトコ形代カタシロを容れたといふ川島のいくみ竹の荒籠などぼつ/\見えてゐるのが其で、どうやら供物容れが神の在処であつたことを暗示してゐる様である。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)