“メタフォル”の漢字の書き方と例文
語句割合
暗喩100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海からです。その男は、毎夜海から上がって来て、あの防堤のあたりを彷徨さまよい歩くのです。ですが夫人おくさん、けっして僕は幻影を見ているのじゃありませんよ。それには、暗喩メタフォル誇張イペルボールもありません。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)