“ホトトギス”の漢字の書き方と例文
ひらがな:ほととぎす
語句割合
時鳥100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の子の綿入を袷に脱ぎかえて、更衣の新たなるを欣ぶこころは、家に青簾掲げて棲心地の改まると同じく、別けても山の手は近郊に接するほど、簾かかげて時鳥ホトトギス待つの楽しみもあり、江戸ッ児には何ぼう嬉しいか知れぬものだ。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)