“ヒラフガイ”の漢字の書き方と例文
語句割合
比良夫貝100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猿田彦神の神話に見ゆる比良夫貝ヒラフガイ及び海鼠ナマコ櫛八玉クシヤタマ神の鵜に化して、海底のハニい出でたる
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)