“ゼンメル”の漢字の書き方と例文
語句割合
丸麺麭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上さんは熟慮する暇もないほど速かに、毎日、丸麺麭ゼンメル三つの代価だけ支払つて呉れないかと云つた。
南京虫日記 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
いま時、小さい丸麺麭ゼンメル一つの価は一万五千麻克マルクである。
南京虫日記 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)