“シトリン”の漢字の書き方と例文
語句割合
黄水晶100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて太陽は落ち、黄水晶シトリン薄明穹はくめいきゅうも沈み、星が光りそめ、空は青黝あをぐろふちになりました。
まなづるとダァリヤ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
むしろこんな黄水晶シトリンの夕方に
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)