“よぐも”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
夜蜘蛛50.0%
夜雲50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物におびえたように、香取の体は軽く揺れた。しかし、訶和郎の姿は闇の中を夜蜘蛛よぐものように宮殿の方へ馳け出した。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
よべの夜雲よぐもと 消ゆあり
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)