“まじまじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
墨々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お峯はその言はんとするところを言はんとには、墨々まじまじと手をつかねて在らんより、事に紛らしつつ語るの便たよりあるを思へるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)