“ふんへき”の漢字の書き方と例文
語句割合
粉壁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まことに白帝城はくていじょうは老樹蓊鬱おううつたる丘陵の上に現れて粉壁ふんへき鮮明である。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)