“ふでかみしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
筆紙商100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下谷長者町に、筆屋幸兵衛という、筆紙商老舗がある。千代田城のお書役御書院番部屋に筆紙墨類を入れている、名代の大店だ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)