“ばいどくせい”の漢字の書き方と例文
語句割合
黴毒性100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに、時々、そのきした目がかすむのを井筒屋のお貞が悪口わるくちで、黴毒性ばいどくせいのそこひが出るのだと聴いていたのが、今さら思い出されて、僕はぞッとした。
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
PR