“ばいしょうけん”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅掌軒100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さ、何もうかがっておりませんが、ただ、おかみさんは先へ行って、土橋どばし梅掌軒ばいしょうけん床几しょうぎで待っているから、あなたを呼んで来てくれと仰っしゃっただけなんで。――何ですかいつぞやお求めになった、唐桟とうざんを包んで持っておいでになりましたから、あの反物たんものの事じゃございませんか」
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)