“なつぐわいたう”の漢字の書き方と例文
語句割合
夏外套100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕等の前には夏外套なつぐわいたうを着た、顋髯あごひげの長い老人さへやはり船ばたに立つてゐたのである。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)