“とうやしゅうききがき”の漢字の書き方と例文
語句割合
東野州聞書100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東野州聞書とうやしゅうききがき』『東野州消息』『東野州家集』『東野州拾唾しゅうだ』(『拾遺愚草』の抄註)『新古今集抄』などがある。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
まず正徹は東常縁とうのつねよりに答えて、常光院尭孝はつねに『草庵集』を見るようにいう由だが、頓阿時分に心をかけるのは余りだとおしえる(『東野州聞書とうやしゅうききがき』)。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)