“てんでてんで”の漢字の書き方と例文
語句割合
一人々々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人々々てんでてんでに人形だの、雛の道県だのを持ってる、三人目の、内裏様を一対、両手に持って、袖で掻合して胸に押着おッつけていたのがお夏さん、夜目にも確か、深川中探したって、およそその位なのはないのですからね、……助かった。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)