“つくしぶねのものがたり”の漢字の書き方と例文
語句割合
竺志船物語100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これは小金井こがねゐきみ子女史の訳かも知れない。何時いつ古今奇観ここんきくわんを読んでゐたら、村田春海むらたはるみ竺志船物語つくしぶねのものがたりと、ちつとも違はない話が出て来た。この訳の原文は何かしら。」——夢の中の僕はそんな事を思つた。
本の事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)