“つくえべ”の漢字の書き方と例文
語句割合
机辺100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呉羽之介は片里の言葉に聴き入りながらに机辺つくえべ花瓶はながめの、緋いろに燃える芍薬しゃくやくの強い香りに酔ったような目付になりました。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)