“つぎたて”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
継立50.0%
繼立50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又旅のお角などは先ず普通であるが、その子が胡麻の灰で道連れ小平、その同類が継立つぎたての仁助などは、いずれも好く出来ている。
寄席と芝居と (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と親子で争っている所へ、ガラッと戸を明けて来たのは繼立つぎたて仁助にすけという胡麻の灰。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これは繼立つぎたて仁助にすけという胡麻の灰でございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)