“たっぴき”の漢字の書き方と例文
語句割合
達引100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舞子や、たいこ末社まで取巻に連れ込んだのは、これは何か偶然の達引たっぴきか、そうでなければ、転んでも只は起きない例の筆法で、この一座のげい子、舞子、たいこ末社連のうちに、将来利用のききそうな玉があると見込んでいることかも知れません。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)