“そわそわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
急々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は何の事か解らない風を装っていましたので、それ以上別に何とももうしませんでしたが、その急々そわそわした様子を私は見逃しませんでした。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)