“ずぼら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
図法螺50.0%
無検束50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——自分一人で父に逢うと、父がああ云う気象の所へ持って来て、自分がこんな図法螺ずぼらだから、殊によると大いに老人としよりを怒らしてしまうかも知れない。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
抱一は放縦と無検束ずぼらで人に誤まられたが、根が多感多恨の単純な好人物であったから一見コロリと紅葉にれ抜いてしまった。