“じゅうやずきん”の漢字の書き方と例文
語句割合
十夜頭巾100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近づいた時、ひとみを大きくして見ると、侍だ。はっきり姿の見えない筈、上下うえした黒ぞっきの着流しに、顔まで眉深まぶかなお十夜頭巾じゅうやずきん
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)