“じゃじゃば”の漢字の書き方と例文
語句割合
邪々張100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は舞台の上で決して団十郎と顔をあわせぬなどと邪々張るものさえ現われて来るという始末であったから、いい成績のあがらないのも無理はなかった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
おい、周馬も、一角も、いい加減にしようじゃねえか。万吉も戻っていず、手がかりもねえとしてみれば、いつまでもここに邪々張っているのも無駄骨だろう。それよりゃ、またちょいちょいとこの辺を
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)