“じちゅうのしょうふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
侍中少府100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに、耿紀こうきあざな季行きこうという者があった。侍中少府じちゅうのしょうふに奉仕し、つねに朝廷の式微を嘆き、同志の韋晃いこうと血をすすり合って、
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)