“じさう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
事相50.0%
慈相50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一度び是の見地に據りて觀ずれば、人生の事相おのづから別種の面目を呈露し來るを見る。是れ吾人の人生觀が道學先生のそれと異なる所以にして、亦茲に美的生活を論じて敢て是を推奬する所以也。
美的生活を論ず (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)