“じごぜん”の漢字の書き方と例文
語句割合
地御前100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陶が島に渡ったと聞くと、元就は、要害鼻の対岸、地御前火立岩に陣を進めた。ここは厳島とは目と鼻の地で、海をへだててはいるが、呼ばば答えん程に近い。
厳島合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
おお対岸の地御前の灯、五日市あたりの灯、かすかに、広島の方にも灯が見える。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)