“じきしき”の漢字の書き方と例文
語句割合
食色100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内府も始終病身じゃと云うが、平家一門のためをはかれば、一日も早く死んだがい。その上またおれにしても、食色じきしきの二性を離れぬ事は、浄海入道と似たようなものじゃ。そう云う凡夫ぼんぷの取った天下は、やはり衆生しゅじょうのためにはならぬ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)