“しゝくひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宍喰50.0%
鹿喰50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
牟岐、八坂八浜、宍喰をすぎて、にかゝつたとき、とッぷりと日は暮れた。
にはかへんろ記 (新字旧仮名) / 久保田万太郎(著)
し私は恥しがりの子でしたから鹿喰と云ふ叔母の家ででも龍源ででも余り座敷へ上つて遊ぶやうなことはありませんでした。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)