“しんろてい”の漢字の書き方と例文
語句割合
振鷺亭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
谷峨という作者の書いたものや、振鷺亭などという人の書いたものを見ますれば、左母二郎くさい、イヤな男が
振鷺亭が意妓の口に、大河の恋風は浮気な頬をなぐり、内川の旭は眼が覚めてからしといひたるも、おもふに古石場町富岡門前町などの間を行くこの一水を指したるなるべし。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)