“しんめんけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新免家100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へ、ってみる、新免家の武蔵がもどっているなら、又八も、邸へっているにちがいなかろう」
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兵学の指南役として新免家に仕えていた、父の無二斎がその新免という姓を主家からゆるされた盛りの時代に建てた屋敷なので、英田川の河原を下にした石築き土塀まわしの家構えは
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)