“しんぶんがみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新聞紙100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そら、新聞紙ったかたちに巻いて、ふうふうとくと、炭からまるで青火が燃える。ぼくはカリメラに赤砂糖を一つまみ入れて、それからザラメを一つまみ入れる。
水仙月の四日 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そら、新聞紙つたかたちに巻いて、ふうふうと吹くと、炭からまるで青火が燃える。ぼくはカリメラに赤砂糖を一つまみ入れて、それからザラメを一つまみ入れる。水を
水仙月の四日 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)