“しんはなちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
新花町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「二、三丁先は新花町番屋がある。お前さんは物盗りならお金をあげるから、この手を放しておくれ、痛いッ、放しておくれッてば」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊藤は私に、湯島の新花町に間を借りてくれた。それから、彼の知合いの粉石鹸屋から三、四円分の品物を仕入れてくれた。私は早速、その粉石鹸をもって夜の露店商人に変った。