“しんぜいにゅうどう”の漢字の書き方と例文
語句割合
信西入道100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二条天皇の、後白河上皇の院、二つの政廟の下に、藤原信西入道が、保元以後、頭角をあらわして、ようやく、独裁者らしい強権を振舞っていました。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信頼、惟方などの考え通りにもゆかず、彼らが敵としていた信西入道にも運命は何もいしない。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)