“しんしゃみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新沙弥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生信房というのは、つい先ごろ——去年の暮に——この岡崎の草庵へ新しくいて、実直に働いている新沙弥であった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
高綱は、一個の新沙弥となって、当年の高野行人派のひとりとなって、修行を志した。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)