“しんこうじまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
新麹町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのほかまだその通町三丁目にも一つ、新麹町の二丁目にも一つ、それから、もう一つはどこでしたかな。とにかく、諸方にあるそうです。
或日の大石内蔵助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
内蔵助もまた、時折、江戸表へ出て、名も垣見五郎兵衛と変え、新麹町五丁目に兵学教授の看板を出している田口一学——の吉田忠左衛門の家へよく訪れた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)