“しんきちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
新帰朝100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうかと思うと、急に内地へまいもどって「新帰朝」を看板に、同胞のお客さまの前に立つこともあった。こんどは少しわけがあってわずか半年ぶりの、あわただしい帰朝だった。
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
新帰朝百面相役者××出演
百面相役者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)