“しろじょうふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白上布100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仰ぐと、そこに白上布を着流した日本左衛門の影が水のごとく立っていました。そして、彼女の肩の上に、網雪洞の細いをかざしてニンマリと笑みをゆがめている。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
和尚の借着か、久しぶりの行水を浴びたあと、白上布をさっぱりと着て
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)