“しらはす”の漢字の書き方と例文
語句割合
白蓮100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御釈迦様はその蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉のような白蓮の間から、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを御しなさいました。
蜘蛛の糸 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
山寺にうつしうゑたる白蓮は来ん世も清くにほひもぞする
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)