“しらがま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白毛混50.0%
白髪交50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白毛混じりの無精髯にかこまれた厚い唇を、いやにらして、その高貴な煙草——自分ではかつて一度も買ったことのない、一年に一度くらいの割合で、珍しい相手から一本を限度として与えられる
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
白髪交じりの太い眉を重たげによせて、勝家はおし黙ってしまった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)