“しょみんてき”の漢字の書き方と例文
語句割合
庶民的100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ヘルンの趣味はすべてにおいて庶民的で、儀式ばったことが嫌いなので、フロックコートなどの礼服を非常に嫌い、常に野蛮人の服と称し『なんぼ野蛮の物』と言っていた。
近所の子供たちは、皆愉快な庶民的風貌をそなえている。裸足で泥んこになって、毎日遊びあっている。知らぬ間に、博雄のポケットには、メンコやビー玉が一になっている。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)