“しょげき”の漢字の書き方と例文
語句割合
悄気切100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうしよう——と、思ったが、てどうもすることが出来ない。言葉の解らない支那人を眺めて、つくづく悄気切ったものだ。
苦力頭の表情 (新字新仮名) / 里村欣三(著)
バキチはすっかり悄気切ってぶらぶら町を歩きまわってとうとう夜中の十二時にタスケのにもぐりんだって云うんです。
バキチの仕事 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)