“しょくへい”の漢字の書き方と例文
語句割合
職柄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木像の本来のは、暗黙のうちに、自己警戒を油断なくしだしていた。政務、厳令、いよいよ執事の職柄を把ってうごかぬものがみえる。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つまり裁判も管轄権も、奉行の職柄にあるのだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)